東京2020パラリンピック競技体験イベントin甲府

今日は山梨学院大学で行われた、
主催、公益財団法人日本レクリエーション協会、
共催、山梨日日新聞社、山梨放送の
「東京2020パラリンピック競技体験イベントin甲府」に呼んで頂きました。

 

第1部は、山梨県出身で現役パラリンピアン鈴木 徹さんの講演。
第2部は、パラリンピック競技体験として、
鈴木 徹さんの陸上競技教室、
ボッチャ、ブラインドサッカー、
CYBER SPORTS<サイバースポーツ>を参加者に体験してもらいました。

 

山梨県ボッチャ協会スタッフ5名は、朝10時に会場入り。

ボランティアスタッフの方々と入念にミーティング。

 

体験の時間が始まる前に山梨県ボッチャ協会も紹介して頂きました!

 

体験開始の時間です。

80人が1グループとなり、A,B,Cの3グループで、

陸上競技教室、ボッチャ、ブラインドサッカーをローテーション。

※写真右が陸上競技教室、左上がボッチャ、左下がブラインドサッカー

 

ボッチャは3コート設営し、まずは真ん中のコートでルール説明とデモンストレーション!

 

いよいよ体験開始!

 

それぞれのコートで子供から大人まで団体戦を体験!

 

ボールを投げきったので、いざ得点計算!

 

審判の計測を真剣な眼差しで見つめる参加者の皆さん…

 

勝利したチームは拍手でチームメイトを称えます!

 

300名近くの参加者の方にボッチャを体験して頂いたのですが、どの参加者も1球1球歓声を上げたり、悲鳴を上げたり、大きなリアクションをとりながら楽しんでくれました!

こうして様々な方に身をもって知ってもらえる場を頂きありがとうございます!
これからは、パラリンピックを目指す選手候補の方々にもプレイしてもらえる場も、増やしていきたいと思います!

 

そして最後に、ブラインドサッカーに特別ゲストとして参加してくれた、

ヴァンフォーレ甲府の森選手、太田選手とパシャリ。

 

主催者、共催者並びに関係者各位の皆様、参加者の皆様、

本当にありがとうございました!

 

 

投稿者:小林俊介